美白を意識する

女性06黄色人種と言われる日本人ですが、白人と並んでも負けないほど色白の日本人はいらっしゃいます。白人の白さとはまた違う、白磁のような抜けるような白い肌は、憧れの的です。一時期は色が黒い方が健康的と言われ、日焼けが推奨されている頃もありましたが、現代は美白についてさまざまな情報が飛び交い、特に女性は美白について日々、真剣に考え、行動しています。人間の皮膚は、人種によってその色合いが異なりますが、これは皮膚中に存在するメラニン色素に負うところが大きいですし、肌の色には、皮膚下に存在する毛細血管中を流れる血管の色、すなわち赤血球の色が影響しています。その為、生物として生きている限り、純白の肌になることは難しいですが、美白はできるだけ白に近づくことを目指しています。美白についてよくたとえで使われる文章で「色の白いは七難隠す」というものがあります。これは、色白の女性は少しくらい他に醜い点があっても目立たないといった意味合いで、昔から常に使われています。確かに色黒と色白の流行りは変わりますが、やはり肌の色が白いことは、昔から永遠の憧れだったのです。ところで「美白」という単語ですが、いつからか、色白という表現が美白に変わり、美白はシミ・ソバカスといったメラニンによる肌トラブルに対するスキンケアを総合した表現として確立しました。その名の通り「美しく白く」という非常にわかりやすい表現から、現在では一般的に使用されています。

コメント