美白を意識する

女性02美白のケアは、肌が白くなりたい人、しみが気になる人が行うものというイメージが強いですが、実はそういう悩みを持った人以外も美白のケアはある程度必要なのです。その美白の必要性をご紹介します。まず、美白ケアというものはどのような事をするのかというと、紫外線からお肌を守る役割、ダメージを受けてしまった後、メラニンが異常発生しているので、しみにならないようにメラニンをうまく排出する作業の手助けをしてくれます。それによってしみやくすみを防いだり、改善してくれる効果があるのです。ここまでの説明だと、やはりしみが気になる人にしか、美白の必要性を感じないかもしれませんが、実は、紫外線から肌を守る効果というのは、しみを作らせないためだけ行うものではありません。紫外線は肌のコラーゲン線維が存在している真皮にまで到達し、コラーゲンやその他の弾力線今でも破壊して行ってしまうのです。そのため、紫外線はシミだけでなく、たるみや乾燥の原因にもなっているのです。このような理由から美白の必要性はしみが気になる人のみではなく、女性なら誰でもある程度の美白ケアが必要というわけです。必ず日焼け止めを使用するのは絶対条件と言えます。夏だけではなく、日ごろか顔だけでも日焼け止め効果のある下地を使用した方がお肌のためです。紫外線は夏が一番強力ですが、年中出ているものです。さらに、真皮まで到達する紫外線は冬でもその強さがあまり衰えません。そのため、UVカット効果のある化粧品は年中どこかに取り入れるべきです。

コメント