美白を意識する

ビューティー20日常生活の中で美白を阻害する要因には様々なものがあります。美白を損なう原因となるお肌のシミやくすみの主な原因はメラニン色素です。このメラニン色素を作り出してしまう原因となるものが紫外線です。皮膚の表皮にある基底細胞層のメラノサイトと呼ばれる色素細胞でメラニンは作り出されますが、紫外線が当たることにより基底細胞が傷ついてしまうことにより、新しい細胞の生成に支障を来たしてしまいます。その結果、お肌のシミやくすみの原因となるメラニン色素が作り出されてしまうのです。ここではこのメラニンの生成を抑える効果的な美白についての豆知識についてお話致します。先ず最初に、美白についての豆知識としてビタミンCがあります。ビタミンCにはチロシンからメラニン色素がつくられる事を阻害する働きがあります。そして、ビタミンCはメラニン色素を淡色化する働きもあり、美白を維持するためには欠かせない栄養素なのです。次に、美白についての豆知識としてハイドロキノンがあります。近年、ハイドロキノンは美白を維持するための化粧品などに含まれている成分ですが、このハイドロキノンにはメラニンの生成を制御し、メラニン色素の合成に必要なチロシナーゼと呼ばれる酵素も制御する働きがあります。それ故に、この成分を利用する事で効果的に美白を維持する事が出来るのです。このように美白を維持するためには美白のメカニズムを理解し、効果的な方法で美白を維持する事が欠かせないのです。

コメント